●リポンクラス コーチン

リポンクラスではコーチンの塑像を行いました。
生き物を前にどう形にするか?粘土との対話にやり取りが求められますね。
コーチンらしい比率や立ち姿も観察して行きたいですね。

今日は3点紹介します。

E.Sさん(夜間部/現役生)
2023_01_23_IMG_9479.jpg
寒さからちぢこまる姿は、この季節ならではのコーチンらしいポーズですね。
自然な印象がありました。


M.Hさん
2023_01_23_IMG_9480.jpg
描写力を感じる作品です。説得力ありますね。

Y.Mさん
2023_01_23_IMG_9482.jpg
粘土の強弱がリズム良く、コーチンの複雑な要素をしっかり抑えてこれました。

2023年01月24日

●夜間部 構成課題

先週の夜間部で行った構成課題の作品を紹介します。

火、水、土、風の中から一つ言葉を選び、それをテーマに彫刻作品を作りなさい。
今回のテーマは近身な存在ですが、殆どが形状を持つ物とは言い切れません。比較的、現象的な要素が強いこれらの物質に、どの様な形而下を与えるかが課題の困難な要素です。
課題文の読み取り方も重要です。テーマの捉え方によっては形而上的、概念的に形にする事が可能になりますね。


今日は4点紹介します。

S.Sさん
2023_01_23_IMG_9452.jpg
竜巻状の形態から風のイメージが読み取りやすいです。説明的ではありますが、量感の変化に豊富な仕事を感じました。

T.Uさん
2023_01_23_IMG_9446.jpg
作品としてのクオリティがあります。粘土の抑え方、形のリズム感はなかなかの見せ場があります。水の流れを手で受け取るビジュアルも明快です。


T.Tさん(現役入直生)
2023_01_23_IMG_9450.jpg
風の形そのもを説明するのではなく、風が形状変化を与える布を作りました。本来形状を持たない現象的な存在を粘土で上手く構成し、空間を大きく使いこなせました。

R.Sさん
2023_01_23_IMG_9447.jpg
同じく風をテーマに作品にしてますが、全く違う構成になりましたね。
風の持つ流れでしょうか?複雑な形態変化から、風の暴力的でありながらも美しい流れを要素に彫刻にしています。

入直に入って2週間が経ちました。早いですね、、、体力的にもキツくなってくる時期ですが、
高校生、頑張っています。

●コンクール

入試直前講習が始まって、1回目のコンクールでした。

デッサンは円盤投げ、塑造は弥勒と手の構成。
制作時間は9時間です。

どちらも過去に出題されたことのある現実的な課題でしたね。
上位の作品を紹介します。

1位 K.Sさん(現役講習会生)
2023_01_21_IMG_9465.jpg


1位 M.Hさん
2023_01_21_IMG_9462.jpg

2位 M.Sさん
2023_01_21_IMG_9461.jpg

3位 S.Iさん
2023_01_21_IMG_9455.jpg

2023年01月21日

●実技制作シリーズリニューアル!

昨年の受験生でウェブアップ作品を量産したR.Iさん、Y.Kさんによる塑造とデッサンの制作過程がポスターになりました!

6時間の制作ですが、開始2時間で勝負ありって感じ、さすが〜!!
解説付きですので是非ご覧ください。

2023_3085.jpg

ポスターは予備校内に掲示されています!

2023年01月17日

●クラス合同 大型石膏の空間デッサン

本日はクラス合同で大型石膏の空間デッサンを行いました。
今回は背景を付ける課題条件もあります。
普段はトルソーでしか描かないモチーフですが、全身像となると迫力が違いますね、、、
圧倒さえれる空間を、皆んさん上手く捉えられたかな?

M.Hさん
2023_01_17_IMG_9443.jpg
ミロビのスケール感出ましたね。空間の前後関係も明快でした。

Y.Uさん
2023_01_17_IMG_9442.jpg
円盤投げにリアリティーがあります。激的な光を上手く拾いつつ、円盤投の形をゴリっと描き上げて来ました。

H.Sさん
2023_01_17_IMG_9440.jpg
奴隷像の迫力を画面精一杯で表現しました。腕下の抜け、背中からのボリューム感に見応えがあります。

Y.Kさん
2023_01_17_IMG_9444.jpg
激しい見上げ、奴隷から天井までの距離に空間を出してこれました。奴隷も精度上げて来ましたね。

●2023年入学案内ができました!

来年度の入学案内の表紙は彫刻科が担当しました!

現在芸大1年生のR.Iさんが受験生時代の春季講習で制作した等身大のクマです!

2023_3068.jpg

インパクトありますね〜!!

2023年01月16日

●夜間部デッサン!

先週末の課題です。
共通テスト直前、最後まで粘り強く頑張っていてました!

見応えのある2点を紹介します。

C.Yさん
%202023_9438.jpg
形のくるいを最後まで直した成果です。
側面、前面の関係を横軸を絡めて押さえています。
顔も似てきています、色々な見方が高まっていますね!


H.Mさん
2023_9439.jpg
この作品も前半のくるいをしっかり修正しています。
奥行きに繋がる描写にはかなり集中力を感じます。
最後はパリッと軽やかなよい質感に仕上がりました!

2023年01月13日

●リポンもたまには彼らも!

ドージョーリポンクラスです〜

こちらも普段は陽の目を浴びないモチーフを描いてもらいました。
東京芸大でも時々馴染みのないモチーフが出題されることがあります。その対策とは言いませんが、不慣れなモチーフに対してもしっかり絵にする力が大切なんです。

Y.Kさん
2023_01_13_IMG_9437.jpg
構図を大きく入れることで、やり取りの仕事量を意図的に増やしました。こういった難易度を上げて自分に負荷を欠けることは新たな挑戦に繋がります!素晴らしい〜

Y.Aさん
2023_01_13_IMG_9436.jpg
描き出しから完成のイメージがとても強かったように見受けられました。このように向かうべくゴールが明快だと悩む必要がなく絵がどんどん進んで行きます。必勝パターンの1つです!拍手〜

●夜間部も自画像!

夜間部も入直発の課題は自画像でした!
入学して10ヶ月、上手くなるもんですねー!
この勢いで入試まで突っ走ってください!!


2023_9428.jpg
首をひねったポーズがしっかり出ています。
光線も明快、質感も豊富で色々と楽しめます!

2023_9425.jpg
マスクをしていてもおでこや頬、目や耳まわり、自然な表情が伝わります。
モノクロでも固有色を感じる絵です。

2023_9423.jpg
実はなかなか難しいポーズです。
体や顔の向き、横軸の変化など、自然なポーズに見えるのは構造が見抜けている証拠です。

2023_9426.jpg
見せ場がある絵です。
少し肩の付き方は少し怪しいですが、手を余白に入れることでその周辺の空気の抜けに目がいきます。

2023_9427.jpg
奥行きや明度などまだ調整出来ることがありますが、微妙に傾いた姿勢に人柄を感じます( ^ω^ )

2023_9424.jpg
頭部にもう少し密度を上げたいところですが、ジャケットの質感や空間の爽やかさが絶妙ですねー!

2023年01月11日

●たまには彼らも。

サロン・ド・プリマクラスからデッサンを紹介します。今日のモチーフはあまり普段の課題では登場しない石膏像です。様々な時代や様式が色濃く見える像なので、表現にも柔軟さが求められます。

S.Kさん
2022_01_11_IMG_9430.jpg
煌びやかな光の印象を上手く表現できています。空気の動きが感じられると更に良いですね!

R.Kさん
2022_01_11_IMG_9434.jpg
空間が綺麗ですね!顔面の印象に課題は残りますが、素直な視野を感じる良作です。

S.Oさん
2022_01_11_IMG_9432.jpg
かなり欲張った構図ですが、馬力と責任ある描写で説得力バッチリです!

M.Tさん
2022_01_11_IMG_9431.jpg
モチーフに起きていた劇的な光線の現象を、共感を伴った範疇で魅力的に捉えられています。この調子です!